2.いくつになっても元気で生き甲斐を持てる街

・お年寄りとその家族がいつまでも安心して生活できる在宅介護制度の充実や特別養護老人ホームの整備を推進します。

・介護相談の充実で介護ストレスを少しでも解消させます。

・出来る限り寝たきりにならないように、介護予防の講座を推進します。

・救急医療が確実に安心して受けられる体制づくりを検討します。

・誰もが街中を安全、安心して歩けるように危険個所の改善、歩道の整備等の歩行空間の確保、バリアフリーを推進します。

・障がい者や高齢者の安全な暮らしを守り、自己決定権を尊重するために、成年後見制度の支援体制の充実や利用促進に向けた取り組みを進めます。